ビビアンタム(VIVIENNE TAM)の魅力

VIVIENNE TAMヴィヴィアンタム
アニマル花柄ワンピース

ビビアン タムは、中国人である、ヴィヴィアン・タム(譚燕玉)が1990年に、ニューヨークで興したブランドです。
当初は中国の伝統カラーでもあるビビッドな赤や紫を中心とした強烈なカラーリングやビーズや龍の刺繍などの幻想的なオリエンタルイメージで注目を集めましたが、最近は、そういった中華らしさを前面に出すのではなく、刺繍などでポイントを押さえつつ、エレガントさを表現できるスタイルを提案しています。
ブランドのコンセプトは「East meets West (東西融合)」。ヴィヴィアン タム(Vivienne Tam)は洗練されたアジアンテイストが魅力なファッションブランドです。しかし、アジアンテイストといっても、民族服とか、エキゾチックスタイルというのではなく、欧米の流行を押さえた上で、そこに実にうまくオリエンタルデザインがアレンジされているのがビビアンタムの特徴といえます。

アジアンな雰囲気香る小物雑貨

ヴィヴィアンタム(Vivienne Tam)の商品で魅力的なのはなにも洋服だけではありません。アジアを旅行された人ならアジアンな雰囲気香る小物雑貨に心奪われた人も多いことでしょう。ヴィヴィアンタムはそうした期待に、より雑貨を洗練させて応えてくれています。
バッグやスカーフ、マフラー、ストール、ベルト、財布などといった定番小物も人気がありますが、特に人気なのがミュールやサンダル、パンプスです。実に種類が豊富で、ウッドのものや革製のもの、ビビッドな色合いのものや、さりげなく花や蝶の刺繍があるものなどいろいろあります。

日本での展開

ヴィヴィアンタム(Vivienne Tam)の日本での展開は、株式会社サンエー・インターナショナルが行っており、1999年に神戸に出店したのを始めとして、現在では日本全国に約20店舗を展開しています。
また、ヴィヴィアンタム(Vivienne Tam)のアイテムは、楽天市場などのネット通販でも購入が可能です。

スポンサードリンク

気に入ったら即買

同じものが再入荷するのは難しいようなので、一度見逃したらもう出会えない、お気に入りに出会った時が買い時といえます。